>

夫婦での初めてのイベント

この記事をシェアする

国内挙式の場合。

国内の挙式の費用は平均して招待客が56人で250万円前後と言われています。
これは全体的な平均なので細かくみると、招待客が55から65人の場合、レストランウェディングで200万円切るぐらい、ホテルで260万円前後、専門式場で260万円前後を目安にしましょう。
例えば、招待客が80人以上の場合やホテルでも高級ホテルで挙げる場合、この数値よりも高くなりますし、逆に招待客が少ないと費用も下がります。
このように費用はある程度かかりますが、予算に合わせて式場を変えたり、招待客を呼びつつも人数を調節したりできるのが国内挙式にメリットがあるでしょう。

準備期間ですが、多くのカップルが1年ほどかけて準備するようです。
最初の方は和やかに会場選び、料理の試食会やドレス選びを行い、日が迫るにつれ細かな物の準備や打ち合わせが多くなります。

海外挙式の場合。

海外挙式は国内よりも割安というイメージがあります。
挙式を挙げる国や時期によってかなり費用に違いがでてくるようで、ゲスト10人の場合安くても150万円ちょっと、高くて400万円を超えることもあります。
挙式代や現地での食事代がかかるのは国内の場合と同じですが、海外では招待客を呼ばず、身内だけですることも多いのでお得な時期やプランを選ぶようにすれば、国内の挙式代よりも安くすることができます。
逆に国内挙式よりも余分にかかりやすいのが、ドレスや小物など、日本でレンタルしたものを現地に運ぶ代金です。
これは業者によって、挙式費用の中に含まれていたり、追加でかかったりします。
大事なのは見積書をしっかりみて、不明瞭な項目があれば担当者に確認をとることです。

準備の期間は国内挙式よりも短期間で済ます人が多いようです。
なので、準備に時間をかけたくなく、身内だけでコンパクトにすましたい人には良いかもしれません。


トップへもどる