>

選べるドレスと写真

この記事をシェアする

国内挙式の場合。

国内挙式の場合、レンタルでも購入でも準備できます。
レンタルする場合、自宅で保管するのも大変だし、業者に依頼するのも費用がかかるというデメリットはあります。
しかし、レンタルの場合、早く予約しないと気に入ったデザインやぴったりのサイズのものが当日レンタルできなくなったりする恐れもあります。
また、試着した時はよくても、当日までに体系を維持またはダイエットしないといけないということもありえます。

購入の場合、自身の希望のデザインのものを用意できますし、サイズもぴったりのものを準備できます。
また、業者によってはレンタルしても購入してもそんなに値段が変わらないこともあるようです。

どちらにするかは、予算と今後の保管に関して問題ないかを考えて選ぶといいでしょう。

海外挙式の場合。

海外の場合、日本でも式やパーティをするかで決めるようです。
海外挙式だけならば、レンタルで済ませられますが、日本に帰国してから友人たちを招いて1.5次会や2次会結婚式を開きドレスを着たいときは購入するのもいいかもしれません。

レンタルドレスは購入するよりも安いときもありますが、金額が変わらない時もあります。
また、日本でレンタルしたものを運ぶ場合と、現地で調達する場合とがあります。
プランによってはレンタルしたドレスが持ち込み扱いになり別途費用を請求されることもあるようです。

写真は現地ですべてとることが多いです。
やはり日本とは違う景色で、どこで撮っても写真映えがするからです。
海や浜辺が人気の撮影スポットです。


トップへもどる